電話やインターネットの回線が悪いは英語で何ていう?【Web会議に使える!】

電話やインターネットの回線が悪いは英語で何ていう?【Web会議に使える!】 フレーズ
この記事は約6分で読めます。

この記事では、回線が悪いと言いたい時に使える英語フレーズをご紹介します。

近年、スカイプやZoomなどを使ってWeb会議を行う機会が増えた方も多いのではないでしょうか。
そんなとき、困るのが回線トラブルです。

音声が聞こえない!

映像が映らない!

画面が止まってしまった!

などなど、いろいろなトラブルに対して、英語で伝えられたら焦らずに済みますね。

今回は、「回線が悪い」という言い方をはじめ、様々な回線トラブルの際に使えるフレーズを16選ご紹介します。

スポンサーリンク

「回線が悪い」は英語で?

The connection is bad.

電話の回線、インターネット回線のどちらでも使える表現です。

I have a bad connection.でもOKです。

connectionという単語自体は「連結、接続、関係」などの意味があり、2つ以上のものをくっつけるイメージの単語です。

なので、電話やパソコンをはじめ、機械の接続に関してもよく使われます。

 例文

Sorry. The connection is bad, so I can't hear you well.

電話やWeb会議で回線が悪い時に使える色々なフレーズ

電話やWeb会議で回線が悪い時に使える色々なフレーズ
次に、電話、Web会議のどちらでもOKな、回線が悪い時に使えるフレーズをご紹介します。

I hear some noise.

シンプルにノイズが聞こえることを伝えるフレーズです。

I hear some noise, so I can't hear you very well.(ノイズが聞こえます。なので声がよく聞こえません。)と言った風に繋げても良いですね。

Could you speak up, please?

Could you speak a little louder?という言い方もあります。

初めにSorryを付けて、「すみませんが…」という気持ちを出すとより丁寧な印象になります。

Could you repeat that, please?

電話口やWeb会議だと、聞き取れない場合も多いですよね。

「もう一度お願いします。」の言い方を覚えておけば、相手の言っていることが理解できなくても大丈夫です。

こちらの記事で、カジュアルシーンからビジネスシーンまで網羅した聞き返す英語表現をご紹介していますので興味のある方は見てみてください。>> 「もう一度お願いします。」を英語で何と言う?【聞き返すときのフレーズ10選】

May I have your name/company name again?

ビジネスシーンだと会社名や名前を間違えるのはまずいですが、聞き取り使いですよね…。

May I ~?は丁寧な表現ですので、ビジネスシーンにピッタリです。

そんなにかしこまらない相手なら、Can I ~?でもOKです!

Web会議で回線が悪い時に使える色々なフレーズ

Web会議で回線が悪い時に使える色々なフレーズ
続いて、Web会議で使えるフレーズです。

Web会議では、ビデオを使用するので、「見えますか?」「見えません。」などの視覚的な情報に関するフレーズも必要になってきます。

Can you see me?

私が見えますか?というフレーズです。

オンライン英会話で先生が始めに言ったりしますね!

Can you hear me?

オンラインでのミーティングでは、音声トラブルが発生することも多々あります。

しっかり覚えておきましょう!

I can't see you.

相手の画面が映っていないときに使えるフレーズです。

見えてはいるけど、ぼやけているときなどは、I can't see you well.(あなたがよく見えません。)と言いましょう!

I can't hear you.

声が聞こえないときに、使えるフレーズです。

声は聞こえるけど、はっきり聞こえない場合は、I can't hear you well.と言うと(声がはっきり聞こえません。)という意味になります。

Your screen is frozen.

画面が止まってしまうのも、ありがちなトラブルです。

frozenはfreeze(凍る)の過去分詞形です。

画面が度々止まっている場合は、Your screen keeps freezing.(あなたの画面が時々止まっています。)と言うことができます。

Could I refresh it?

Webページを更新してみてもいいですか?と相手に聞くときに使えるフレーズです。

Please let me rejoin again.

接続がうまくいかず、もう一度オンラインミーティングルームに入りなおしたいときに使えます。
rejoinは「再参加する」という意味です。

「参加する」のjoinに「繰り返し、再び」を意味するreをつけてrejoin「再参加する」ということですね!

How is this now?

接続を確認したり、ミーティングルームに入りなおした後に、今はどうですか?と確認するときに使えるフレーズです。

Could you check your camera/microphone, please?

カメラやマイクの接続状況が良くないとき、相手に「チェックをお願いします」と言うフレーズです。

My computer is slow today.

パソコンの動作が遅いことを伝えたいときのフレーズです。

自分の環境のせいで相手に迷惑をかけている場合は、最初にSorryと伝えたり、表情などで申し訳ない気持ちを伝えましょう!

Could I turn off the video?

インターネット回線の接続状況が悪い時、ビデオカメラをオフにすることで改善することがあります。

接続状況がなかなか改善しない場合に使えそうなフレーズです。

自分だけではなく相手も一緒にビデオをオフにしてほしい場合は、Could I ~?ではなく、Could we ~?にしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は「回線が悪い」と言いたい時の英語フレーズを16選ご紹介しました。

今後、対面ではなくオンラインで人と交流する機会がどんどん増えていきそうですね。

そんなとき、回線トラブルに備えて英語のフレーズをしっかり覚えておきたいものです。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

ユウ
ユウ

英語が好きな主婦です。3歳と0歳の娘がいます。
英語学習者目線で、役に立つ英語学習情報をお届けしていきたいと思います!
国立大英文科卒→IT企業勤務→外資系事務→主婦ブロガー

ユウをフォローする
スポンサーリンク
フレーズ
えいごストック
タイトルとURLをコピーしました