英語で相槌表現44選【様々な場面別にご紹介。表現の幅をグッと広げるテクニックも】

フレーズ
この記事は約5分で読めます。

本記事では、英語の相槌表現を44選ご紹介します。

皆さんは、英語で話すとき、相手の話にうまく反応できなくて焦った経験ありませんか?

私はあります。

せっかくお話してくれているのに、そして内容も理解できたのに、とっさに何て言っていいか分からず、ただニコニコ…

そんな経験がたくさんあります。

今回は、そんな私のような悔しい経験をされている方や、相槌のバリエーションを増やしたい!という方に向けて、「英語の相槌表現」を場面別にまとめました。

ぜひ、実際に使ってみてくださいね!

スポンサーリンク

ネイティブは相槌をあまりしない?

英語ネイティブは相槌をしない?
まず、相槌表現をご紹介する前に、日本と英語圏での相槌の文化の違いについて少しお話します。

私たち日本人は、相手が話している間、「うんうん」「へぇ〜」「そうなんだ」など頻繁に相槌を打つことで、相手の話をちゃんと聞いているということを示しますよね。

一方、ネイティブは日本人ほど相槌を打ちません

むしろ、頻繁な相槌は自分の話を邪魔されているように感じることもあるそうです。

ネイティブと話すときは、相手の話をジッと聞き、ひと段落した所で、適切な相槌を入れると良いですね。

英語で基本の相槌

I see.

Right.

Alright.

Okay.

I got it.

Really?

Oh yeah?

uh-huh

英語で同意・共感の相槌

英語で同意・共感の相槌

Me too.

Same here.

I think so too.

That’s true.

You’re right.

Exactly/Definitely/Absolutely/Totally

Indeed.

That makes sense.

I know how you feel.

I can imagine.

Sure / Of course / Sure thing

英語で否定の相槌

I’m not sure.

Not sure.

I don’t think so.

Never.

英語で考えているときに使える相槌

英語で考えているときに使える相槌

Well

Let me see.

Let me think.

 

もし相手の英語が聞き取れなかったときは、こちらの記事で聞き返す英語表現をご紹介していますので、良かったら参考にしてみてください。>> 「もう一度お願いします。」を英語で何と言う?【聞き返すときのフレーズ10選】

英語で驚きの相槌

No way.

Wow!

Seriously?

Are you kidding?

Is that so? / Is that right?

Is that true?

Are you sure?

英語で悲しみの相槌

That's too bad.

That's awful / terrible.

I’m sorry.

英語で喜びの相槌

英語で喜びの相槌

Good for you!

I'm so happy for you.

Congratulations!

英語で推定の相槌

Could be / Maybe / possibly / Probably

相槌表現をグッと広げる簡単テクニック

That's + 形容詞

That's + 形容詞で様々な感情を表すことができます
形容詞とは日本語では「美しい」「悲しい」「面白い」など、「~い」で終わる言葉のことです。
以下の例を見て参考にしてみてくださいね!

That's nice.

That's amazing.

That's beautiful.

That’s interesting.

That's unusual.

That’s weird.

※"weird"は「気味が悪い、変な」という意味を持つ形容詞です。

That's sad.

That’s scary.

まとめ

いかがでしたでしょうか?

英語で会話しているとき、沈黙になると焦ってしまいますよね。

相槌をうまく使いこなして、スムーズな会話を楽しみたいものです。

今回ご紹介した相槌がお役に立てれば幸いです。

お読みいただきありがとうございました。

 

▼相槌表現を覚えたら会話に挑戦してみよう!おすすめ記事はこちら↓↓

 

ユウ
ユウ

英語が好きな主婦です。3歳と0歳の娘がいます。
英語学習者目線で、役に立つ英語学習情報をお届けしていきたいと思います!
国立大英文科卒→IT企業勤務→外資系事務→主婦ブロガー

ユウをフォローする
スポンサーリンク
フレーズ
えいごストック
タイトルとURLをコピーしました