「英語で独り言」を言うだけでペラペラになる!!やり方とコツをご紹介!

「英語で独り言」を言うだけで英語が話せるようになる!!やり方とコツをご紹介! 英語学習
この記事は約5分で読めます。

英語学習には英語で独り言がとてもおすすめです。
日本で英語を勉強している方の中には、

 

「英語を勉強しても、実際に話す機会がない…」

「いきなり外国人と話すのは緊張する…」

 

と思っている方、結構多いのでは無いでしょうか?

そんなときにおすすめなのが、「英語で独り言」を言う学習法です。

今すぐにできるおすすめの学習法ですよ。

この記事では、「英語で独り言」がおすすめの理由、やり方、コツをご紹介していきます。

スポンサーリンク

英語で独り言がおすすめな理由

  • 英語で話す練習になる
  • 英語で考える練習になる
  • 一人だから間違えても恥ずかしくない
  • 実際に使った表現は忘れにくい

英語で話す練習になる

日本に住んでいるとなかなか英語を実際に使う場面は少ないですよね。

でもアウトプット(話す)をすることは英語の習得に欠かせないものです。

どんなに英語を勉強していても、実際に話した経験が少ないと、いざ英語を話す場面になった時になかなか言葉が出てこないという状況におちいります。

英語で独り言を言うことで、一人でアウトプットの練習ができるというメリットがあるのです。

英語で考える練習になる

英語を話すときに、頭に浮かんだ日本語を英訳していると話すまでに時間がかかってしまいます。

ですので、日本語を経由せずに、言いたいことを英語を言う練習が必要になってきます。英語で独り言はその練習になるのです。

英語で独り言を何回も何回もくり返していくうちに、日本語から英語ではなく、英語が頭に浮かぶようになっていくはずです。

練習を続ければ、簡単な文や毎日使う表現などは、わりと容易く日本語を介さずに英語ですぐ言えるようになることでしょう。

一人だから間違えても恥ずかしくない

日本人は特に、外国語を話すときにミスをするのを恐れますよね。私自身がそうです。出川さんのようにミスを恐れずガンガン英語を話すことが出来たら、もっと上達するのに~…と思ったことがよくあります(笑)。

独り言で練習すれば、どんなに間違おうが、文法が変だろうが、聞いている人はいません。

どんどん話して、どんどん間違って、英語の経験値を貯めましょう!

実際に使った表現は忘れにくい

単語を覚えるとき、「その単語を使って自分で例文を作ってみる」という覚え方がありますが、それと同じで実際に使った表現は、「読むだけ」「書くだけ」よりも格段に忘れにくいのでおすすめです。

英語で独り言のやり方

  • 普段の独り言を英語にする
  • 目についたものを英語にする
  • 一人で会話してみる

普段の独り言を英語にする

頭に思いついたことや今していること、これからやること、または願望など、いつも日本語で言っているような独り言を英語にするやり方です。

It looks like it’s going to rain.

I want to drink some coffee.

I have to do the laundry.

The train is crowded today.

I’m brushing my teeth.

I’m too lazy to do my homework.

目についたものを英語にする

何も思いつかない場合は、道行く人やテレビで見たものなど見た光景を英語で言ってみましょう!

Children are playing in the park.

A man is walking a dog.

Comedians are eating extremely hot Oden.

一人で会話する

これはなかなか難しいかもしれませんが、一人で二役やり、質問したり、その質問に答えたりすることで、質問の英語表現も覚えることができて、より実践に近づきます。

Why do you study English?

I study English because I like Carpenters.
I want to understand what they sing.

I see. I like them too. Their music is amazing.

英語で独り言のコツ

  • 声に出せる時は声に出す
  • わからない表現は調べる
  • 自分が言いやすい表現に言い換える

声に出せる時は声に出す

周りに人がいるときは頭の中で言うだけでOKですが、家の中や周りに人がいない場所なら是非声に出して、英語で独り言を言いましょう!

自分が言いやすい表現に言い換える

日本語を直訳しようとせず、簡単な英語で表現してみてください。

「言い換え」の練習は英会話力向上に役立ちますよ!

食べ物の好き嫌いはないって英語で言いたいな~
でも好き嫌いって英語でなんて言うんだろう…?

上記のように「好き嫌い」という表現が分からなかったとします。

例えば、次のように言い換えることができます。

I eat everything.

「何でも食べる。」となりますが、だいたい同じ意味ですよね。

わからない場合、調べる前にできるだけ自分でシンプルな文に言い換えてみましょう!

わからない表現は調べる

言いたいことが英語でどう言えばいいかわからず、簡単な言い換えも思いつかないときは調べてみましょう!

すぐに調べられないときは、メモをして是非あとで調べてみてください。

どんどん言えることが増えていきますよ。

まとめ

「英語で独り言」が英語学習におすすめな理由

  • 英語で話す練習になる
  • 英語で考える練習になる
  • 一人だから間違えても恥ずかしくない
  • 実際に使った表現は忘れにくい

「英語で独り言」のやり方

  • 普段の独り言を英語にする
  • 目についたものを英語にする
  • 一人で会話する

「英語で独り言」のコツ

  • 声に出せる時は声に出す
  • わからない表現は調べる
  • 自分が言いやすい表現に言い換える

いかがでしたでしょうか?

本記事では、英語学習として英語で独り言を言う際のやり方やコツをご紹介させていただきました。

会話力を鍛えるのにとても効果のあるので是非みなさんもやってみてくださいね!

ユウ
ユウ

英語が好きな主婦です。3歳と0歳の娘がいます。
英語学習者目線で、役に立つ英語学習情報をお届けしていきたいと思います!
国立大英文科卒→IT企業勤務→外資系事務→主婦ブロガー

ユウをフォローする
スポンサーリンク
英語学習
えいごストック
タイトルとURLをコピーしました