英語は得意なのに緊張して話せない人へ【リラックスするための方法4選】

英語は得意なのに緊張して話せない人へ【緊張しなくなる方法4選】 英語学習
この記事は約5分で読めます。

英語を学んでいる皆さん、
実際に英語を話す場面になると緊張しませんか?

 

私はめちゃくちゃ緊張するタイプでした。

 

オンライン英会話でレッスンを受けるとあまりに緊張しすぎて、終わった後ドッと疲れて嫌になったり…

仕事でアメリカ人の同僚に話しかける時、頭の中で文章をよーくよーく考えてからじゃないと言えなかったり…

 

といった風に、英語を話すときの私はガッチガチに緊張していました。

ネイティブと雑談が出来るくらいのレベルになった今でも多少は緊張しますが、以前と比べたら大分緊張せずに話せるようになりました。

そんな私が、英語を緊張せずにリラックスして話すために効果的だった4つの事をご紹介したいと思います。

「英語はある程度出来るのに、話せない…。」という方向けの記事です。

私と同じように悩んでいる人の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

英語を話すときに緊張してしまう原因と対処法

英語を話すときに緊張してしまう原因と対処法
まずはじめに、なぜ英語を話すときに緊張してしまうのか、その理由を考えていきたいと思います。

おおまかに下記の原因が考えられます。

・言葉が出ないのが怖い
・自分の英語に自信がない
・恥ずかしい
・間違えたくない

 

…と、だいたいこんな感じではないでしょうか?

母国語ではない言語を話すのですから、不安で緊張して当たり前だと思います。

出川さんみたいな鋼のハートをお持ちでない限り(笑)

でも下記でご紹介する方法を実践していけば、誰でもリラックスして英語を話せるようになるので大丈夫ですよ。

英語を話すとき、緊張しなくなる方法4つ

緊張せずに英語を話すために効果的なのは、以下の4つです。

  • つなぎ言葉で沈黙回避する
  • 発音を学んで自信をつける
  • 独り言で練習する
  • ミスを恐れない

言葉が出ないのが怖いときは「つなぎ言葉で沈黙回避する」

言葉が出ないのが怖いときは「つなぎ言葉で沈黙回避する」
言葉の隙間を埋めるつなぎ言葉を英語でFillerといいます。

 

日本語でも、話している途中に「あの〜」「えっと〜」「なんか」などと言いますよね。

逆にこれらの言葉一切なしで教科書のような無駄のない文を会話の中で言える人なんていません。

英語でも"you know"、"like"、"well"、"uhh"など、ネイティブもとてもよく使います!

 

頑張って英語で話しているときに沈黙になると焦りますよね…。

英語のつなぎ言葉(Filler)を、言葉が出てこないときに言うだけで気持ちがとっても楽になりますよ!

あとシンプルに次の言葉までの時間稼ぎになります。

 

"you know"とか"well"など、何だか言うのが恥ずかしいと思う人もいるかも知れませんが、これは本当に言ったほうが良いです!

自分はネイティブだと思って言ってみて下さいね。

 

バイリンガールちかさんのこちらの動画が分かりやすかったので、是非参考にしてみてください!

詰まった時に使える英語のつなぎ言葉☆〔#430〕

ほかにもこんな方法で沈黙を回避できる!

自分が使えそうな相槌を覚えておく

相手の話にレスポンスするスキルも大切です。

OKや、Yesだけではなく、相槌のバリエーションも増やしておくと、会話が弾みそうですね!

自分の英語に自信がないときは「発音を学ぼう!」

自分の英語に自信がないときは「発音を学ぼう!」
発音がきれいになると、自信がついてどんどん話したくなります

また、正しい発音を学ぶととても英語が話しやすいです。

音読する際にも楽になりますよ!

 

恥ずかしいときは「英語で独り言を言おう」

恥ずかしいときは「英語で独り言を言おう」
英語で独り言をいうのもおすすめです。

誰も聞いてないからどんなに間違えても恥ずかしくないですね。

表現が分からなければ調べてください。

だんだん使える表現が増えていきます。

独り言とはいえ、実際に口に出した英語は記憶に定着しやすく、とても効果的なスピーキング練習です。

ネイティブになりきって、やってみてくださいね!

間違えたくない人は「ミスを気にしすぎないようにする」

間違えたくない人は「ミスを気にしすぎないようにする」
英語を上手に話せるようになりたいなら、ミスを気にしないことです。

これは英語を学ぶ人なら耳にタコが出来るほどよく聞く言葉だと思います。

また耳タコな言葉を言うのは申し訳ないですが、もう一度言います。

 

ミスを気にしないでください!!!

 

大丈夫です。

ちゃんと英語を勉強してきた人の英語は通じます

ネイティブだって間違えるときもあります。

文法やら前置詞やら発音やら間違っても良いんです!

だいたい通じますから。

まとめ

英語を話す時に、緊張しないためには…

  • つなぎ言葉で沈黙を回避する
  • 発音を学んで自信をつける
  • 独り言で練習する
  • ミスを恐れない

 

たくさん英語を話した経験があればあるほど、英語を話す難易度はどんどん下がっていきます。

慣れてしまえば緊張もだんだんしなくなっていきますよ。

つなぎ言葉や簡単なフレーズをおさえて、早速実践してみましょう!

英語で話す相手がいない、またはまだ勇気が出ない人は独り言でOKですので、とにかくやってみることが大事です。

楽しみながら、頑張っていきましょうね!

お読みいただき、ありがとうございました。



ユウ
ユウ

英語が好きな主婦です。3歳と0歳の娘がいます。
英語学習者目線で、役に立つ英語学習情報をお届けしていきたいと思います!
国立大英文科卒→IT企業勤務→外資系事務→主婦ブロガー

ユウをフォローする
スポンサーリンク
英語学習
えいごストック
タイトルとURLをコピーしました